Welcome to Sukantara Cascade Resort and Spa

Bookmark and Share Follow us on Twitter Join us on Facebook Follow us on Instagram

Sukantara Natural Boutique Resort

เนื้อหานี้.. มีเฉพาะในภาษา อังกฤษ – อเมริกัน, For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

空港からクルマで30分。「フォーシーズシズ」と同じメーリム渓谷の他で、手つかずの大自然に抱かれるようにして「スカンタラ カスケードリゾート」はある。

空港からクルマで30分。「フォーシーズシズ」と同じメーリム渓谷の他で、手つかずの大自然に抱かれるようにして「スカンタラ カスケードリゾート」はある。

ロビーに到着してまず圧倒されるのがそのワイルドな眺望。剝き出しの岩肌を幾筋もの渓流が流れ落ち、そのかたわらを孔雀が極彩色の羽を広げ悠然と歩いているのだ。 渓流沿いに造成されたこのリゾーとは、‘04年5月にオープン。今はまだ6棟のヴィラしかないが、年内にはさらに6棟(うち2棟はスイート)をオープンさせるという。ヴィラはロビーはよりもー段高い位置につくられ、眼下には渓流を望むことができる。窓を開け放てば、水辺特有のマイナスィオンをたっぷりと含んだ涼風が吹き抜けてゆくのを感じる。内装はオーナーの趣味が生かされたバリとランナーの折衷スタイル。建材や家具にはチークや竹が用いられ、部屋のいたるところに色あざやかな木版画が飾られている。あのアンジェリーナ. ジョリーも愛息を伴ってステイしたことがあり、その際「「ステキな部屋ね」と褒めたれました」とオーナーは胸を張る。

さて、なにをして過ごそうか。そんなことを考えつつ敷地内を散歩していると、渓流にせり出したテラスでデッキチェアに寝そべるゲストを見かけた。テーブルにはビール、胸に乗った読みかけの本が寝息とともに規則正しく上下している。そう、この他での過ごし方はまさにこれ。ワイルドかつシンプル。だれにも邪魔されない休みがここにはある。